読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常足庵備忘録

曹洞宗常足庵住職の備忘録です

荒神真言

総持寺朝課のYouTube見てると荒神諷経というのが、あのカッコいい大般若の中で出てきます。 荒神真言は短い真言なんですが、では意味は何でしょう? 経本には 唵剣婆耶剣婆耶 吽婆多莎訶 オン・ケンバヤ・ケンバヤ・ウンバッタ・ソワカ 梵文では Oṃ khaṃ vāy…

最古の経典?スッタ・ニパータの漢語経をお勤め用に意訳してみたのでメモっときます。

佛説義足經卷 呉月支優婆塞支謙譯 六、老い 是身命甚短 減百年亦死 雖有過百年 老從何離死 坐可意生憂 有愛從得常 愛憎悉當別 見是莫樂家 死海無所不漂 宿所貪愛有我 慧願觀諦計是 是無我我無是 是世樂如見夢 有識寤亦何見 有貪世悉亦爾 識轉滅亦何見 聞是彼…

仏性って、意識って、わかんないから関係無い、ではもったいないッス

「仏性とは意識のことですね」と坐禅中に思ってしまったので備忘録に。 「道元禅師の言われた『人人皆備われり』、『未だ修せずんば現れず』とは、意識は誰でも備わっていますよね、それどころか自分そのものです、だから主、あるいは主人公といわれてます、…

仏さまに手を合わせるときに考えること

お仏壇の御本尊に手を合わせる時に、ただ習慣でしていたり、なんだかわからないけど利益ありそうだから、というような感じの方も居られるかと思います。 せっかくのお仏壇と御本尊ですから、ひとつ「敬い」という気持ちを作ってみてはどうでしょうか? この…

八句回向

施餓鬼に読みます曹洞宗の「甘露門」や、臨済宗で読まれる「開甘露門」の回向偈です。 八句回向 以此修行衆善根 報答父母劬労徳 存者福楽寿無窮 亡者離苦生安養 四恩三有諸含識 三途八難苦衆生 俱蒙悔過洗瑕疵 尽出輪廻生浄土 この皆の修行の善業をもって、…

大宝楼閣善住秘密根本陀羅尼メモ

大宝楼閣善住秘密根本陀羅尼 お葬式の各節目や施餓鬼の時に唱える陀羅尼です。 真言陀羅尼 坂内龍雄著 平河出版 と U-Tube から書き出しましたのでメモしておきます。 根本陀羅尼品第二 根本陀羅尼(mūli dhāraṇi) Namah sarva tathāgatānām, Oṃ vipula-garab…

周梨槃特の掃除

周梨槃特(チューラパンタカ) 私のいた修行僧堂には「プロの掃除エキスパート」みたいな、クリーニングアイテム満載の千手?周梨槃特の木像がありました。 作務が修行の禅宗らしい感じがしますが、周梨槃特は特に掃除が得意だったわけではないのです。 初期…

ダークサイドに落ちないための「周那問見經」という「Sallekha-sutta」

中阿含の穢品にある「周那問見經」というお経です。 パーリ経典では「Sallekha-sutta」「削減経」で中部経典根本五十経偏の八番目にあります。こちらは詳しい解説が出ているもの紹介しておきますのでぜひご参考に Sallekha-sutta サーレッカ・スッタ 戒め パ…

皆の嫌いな「常に観察すべき真理」

常に観察すべき五つの真理という経典があります。 漢訳経典にも『一日誦名念』というタイトルで様々な事象を説いたものがありますが、その中で「老・病・死」を短い偈文にした『柔軟経』をメモしておきます。 前半はお釈迦様の在家時代の豪華な生活ぶりが説…

降伏一切大魔最勝成就 !!

これは黄色い大般若経典をババ~ッと繰り終わる時に唱える偈文です。 威勢がいいので、なんかお祓いしてるような感じで見ている方もおられるでしょうが、本当は祈祷なんかじゃなく自分のだらしない修行に気合を入れる言葉なんです。 『降伏一切大魔』とは、…

「自我」を宗教から離れて見てみると

「私という確固たるものは存在しない」という仏教の「無我」の教えがあります。 この無我の説明に使われる仏教の古い話に「車の喩え」がありまして「バラバラに分解した車のどれが車なのか?」というものです。 このような例えでミリンダ王が納得したのかど…

曹洞宗では矢鱈と詠む大悲心陀羅尼を中国風に重ねてみると、あら!一語一句意味が通ってきますね!

曹洞宗日常経典の区切りと、語句の有る無しを付け加えてみました。 Nīlakaṇṭha Dhāraṇī 大悲心陀羅尼 ( )曹洞宗に無し [ ] 曹洞宗には有り 帰依三宝 禮敬聖者 観自在 菩薩 Namah Ratna Trayāya, Namo Āryā, Valokite Svaārya, Bodhi sattvāya, 南無喝囉怛…

意識と自由意志の備忘録

たいそうなタイトルですが備忘録ですので悪しからず 意識 意識は大きくは次のような三つに分けられるようです。 1.意味や物語のように言葉で表現できる意識の流れ 2.言葉にはならない広大な潜在意識のながれ 3.前後に繋がりをもたない情動的な前意識の…

正法眼蔵 生死

正法眼蔵生死は、いつも曹洞宗専門僧堂『御誕生寺』の日曜参禅会で坐禅の最後に読んでいました。禅師様のチョイスですね。 禅僧というのは正月に遺偈を書く習わしだそうですが、まあ下手に語をひねくり回すより道元禅師のお言葉を噛締める方が良かろうかと思…

日本臨済宗から五戒を教えてもらう。

禅宗の施餓鬼には甘露門を詠みますが、曹洞宗も臨済宗の「若人欲了知」の開甘露門を大施餓鬼として読んでいます。 この開甘露門の出所が中国元代の「幻住庵清規」にある、と記されている『お盆とお彼岸の供養 開甘露門の世界』を見ていると施餓鬼・盂蘭盆の…

白隠禅師が授けた禅病で死なないための健康法を整理してみました。

白隠禅師が禅病で死屍累々の若者たちを憐れんで授けた、死なないための健康法みたいな「夜船閑話」を読んでみましたので坐禅に役立つかと思い適当にまとめてみました。 呼吸 禅や武道あるいは中国の太極思想に丹田呼吸と呼ばれる呼吸法があります。 普通の呼…

大般若にしっかり書かれている行深すべき般若な波羅蜜の方便です

メモしてあった般若な波羅蜜の行深法を適当に解説してみました。 注:単なるメモなので仏道修行の参考にするのなら、くれぐれも鵜呑みにせず調べてください。悪しからず。 大般若波羅蜜多經卷第四百六十九 復勸歸依佛法僧寶。 佛法僧宝に帰依することに勤め…

道元禅師の四摂法を大般若経に探してたら

道元禅師の四摂法を大般若経に探してたら、耳に痛い勤修すべき方便がぎっしりと挙げられてました。 大般若といえば祈祷の際に全600巻の黄色い教典をドビャ~と繰るだけのパフォーマンスアイテムとしか思われてないような気がします。 とりあえず覚書メモ…

ふと気持ちが暗くなった時に

日常幾度も何気なく、ふと将来などが不安になって憂鬱になったり、過去を思い出して心がざわついたりします。 それが何か行動を起こすことで解決できるものであれば良いのですが、特にどうしようもない考えても仕方のないことだと解っている場合、たいていは…

「心身一如」にグダグダと妄想で暇をつぶすと。

「心身一如」ってなんか仏教らしくないよね。などと考えてると、禅はいわゆる仏教と似てるのか?などと思ってしまうのです。 人は体の内外から同時に入力される無数の感覚に、生命として備えられた無数の反応系で並行かつ分散処理していく。 人の活動には神…

『八世間法』をマッドな世界観に妄想したり

八世間法 八世間法という世間の人が執着してしまう苦しみの元があります。 利益―不利益 名誉―不名誉 称賛―非難 楽 ―苦 です。 なんだか「人生の楽しみと悩みだからそりゃそうだよ」と現在の私たちは思ってしまいますが、ちょっと時代背景を考えてみると「こ…

また法事についてボソボソと

法事について 一応、法事も仏教に関係があるので唯集まって、お経を聞いて、ご飯食べるだけじゃ勿体無いのです。 そこでまず、仏教とは「悪いことをしない・善いことをおこなう・自分の心を清らかにする」というすごくはっきりした教えということを思い出し…

「よくわからないけどイライラしたり、なんか不満でわたし嫌な人になってる」と落ち込んだ時には

よくあるのが、何かとくにはっきりしないけど不満でイライラしたり落ち込んだりする時。 たいていは、ごく普通の計画や希望が上手く行かなかったり、なんだか当たり前のことが認めてもらえなかったり、ちょっと誤解されてしまったり、言葉の行き違いやその場…

禅や仏教のお坊さんが言う言葉を「極端だよな~」と思った時に

過去を想うな、未来を想うな、夢も希望も捨てよ。 善も悪も考えるな、ありのままであれ。 これ普通に考えたら、それでいいのですか?社会が成り立たないではないですか?と思います。 このような表現は悟りを開いた人の日常の有様を言葉にしたものなので「ア…

法事をして何かいいことある?

「法事をしていて何か幸福が得られるのでしょうか?」と、聞かれはしませんが、法事に来られた皆様の顔に書いてあるように思えてなりません、被害妄想かもしれませんが(笑) ということで、まず、私達にとって幸せとは何か?と考えると、大雑把ですが次のよ…

「ナムからたんの~」の大悲心陀羅尼訳です。

禅宗陀羅尼とも呼ばれる大悲咒です。 何かというとやたらとこればかり唱えるわけなんですが、意味は余り識られてないと思います。 板橋禅師様は「意味はわからん方がいい、ナムからたんの~っと元気よく声に出せば体も心も調子がいい」、「意味は誰も知らん…

「素直に」ということ。

「すべての物事をありのままに見ることで苦しみを終わらせることが出来ます」と、仏教ではいいます。 では、「ヨシ!ありのままに見るぞ!!」と頑張って”ありのままに見る”ことが出来るでしょうか?そこが難しいところです。 普通に暮らしてる私には”ありの…

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書) を読んでつらつらと

正しい仏陀の教えをとてもわかり易く、しかも実生活にすぐ役立つように説明された”怒らないこと”という本があります。この本には、私達が家庭や学校や職場で教えられたり、勧められたり、あるいは強いられたりする、個人や社会の成長・進歩・発展に必要と言…

七仏通誡偈フルバージョンで

七仏通誡偈とは? 有名な「諸悪莫作 諸善奉行 自浄其意 是諸佛教」という偈です。 禅では木の上で鳥の巣のように坐禅する道林和尚のお話で有名です。 この偈はダンマパタでは”仏陀の章”に収められていますが、何故か漢訳法句経には無いのでしょうか?”南北対…

恨みのある人に対する怒りの鎮め方

「慈しみの練習」というところで、慈しみの正反対の「怒りを捨てる」という練習もありましたので、ちょっとメモっときます。 お坊さんようの練習なので、出家や戒のことも入ってますが、誰にでも十分役立つと思いますよ。 恨みのある人に対する慈しみの練習 …

般若心経のことなどをボソボソと

坐禅会や法事などで般若心経を読んだりする機会がある方も多いと思います。 短いお経なのですが「漢字なので意味がよく解らない」という事も聞きます。 般若心経は間違い!って聞いたから、拒絶します!と言うことも聞きます(笑) ということで、嫌でも般若…

『慈の修習』 のメモです。

なんかカッコイイ陀羅尼などを探してたんですが(笑) 目についた『慈経』という文字に惹かれて聞いてみると、慈の修習でした。 曲がなかなか気に入ったので、パーリ語文と意訳をメモしておきます。 YouTubeはこちらから↓ The Chant of Metta 慈經 (黃慧音 …

「不酤酒戒」について思ったことなど

在家の方々はご存じないかもしれませんが、仏教僧侶が飲酒を禁じられていることは世界共通なんです。 でも、日本のお坊さんはよく飲みます(笑) 他所の宗教は知りませんが、私たち曹洞宗の僧侶は出家得度の際に、次のようなやりとりをして弟子にしていただ…

佛説尸迦羅越六方禮經の偈文です

先に載せた佛説尸迦羅越六方禮經の偈文の適当な意訳です。 偈文なので木魚打ちにいいかな?と思ったら、訳文も迷調子で(笑) 佛説尸迦羅越六方禮經大正新脩大藏經 佛は偈をもって説いて唄われた 鷄の鳴くより早起し 床に下りて衣を被り 洗い漱いで心を浄め…

漢訳 シガーラ経 (六方礼経)

シガーラ経(六方礼経)という、良家の息子に意味のある禮拜を説かれたお経がありますが、漢訳経典ではどうなってるかな?と 佛説尸迦羅越六方禮經を適当に意訳してみました。 実は、在家の人々に役に立ってしかも木魚打ちに適したものがないかと漁ってみた…

最近「自由」が気になりますので、不自由なんでしょうね~(笑)

「自由」という言葉を考えていると、禅の道元禅師の言葉が思い浮かびました。 自分を縛り付けるもの、覆いかぶさるものから自由になりたいと思います。 不安、心配、恐れ、葛藤、圧迫、重圧、非難、等などそれらから遠ざかりたい、離れたい。 それらのものは…

「自由」という漢字が気になりましたので・・

今朝坐っていると「自由」という文字が気になりましたので(これも妄想ですが~)、自由(wiki)でググってみると次のように。 「 福沢諭吉がリバティを訳するに際して、仏教用語より「自由」を選んだ。初めは、「御免」と訳す予定であったが、上意の意味が濃…

あの世はない、善悪の行為に報いはない、全て運命。という大昔の人生論がお経にありまして・・

お釈迦様の在世の時代も、色々な見解を持った指導者が居られたようで「六師外道」とも呼ばれていますが、その中で三通りの人生論を挙げたお経がありますので紹介しておきますね。 1つ目は、『あの世なんかない、死んだら終わりさ。論』 2つ目は、『善悪の…

『日々是好日経』というのがあるんですが

中部経典にBhaddekaratta sutta「日々是好日経」というお経があります。 では、中阿含にもあるかな?と探してみましたが、似たようなタイトルもなく「過去未来」で検索すると三つ出てきました。 いずれのお経も偈は全く同じですのでここにメモしておきます。…

大悲心陀羅尼についてモヤモヤと

「青孔雀尊(シバ神)に栄光あれ、猪の顔の尊に祥福あれ、投げ輪を持って戦う尊に祥福あれ、左肩尊位に立つ黒色クシュリナ神に勝つ尊に祥福あれ、虎皮を被着する尊に祥福あれ。」 これはたしか、『禅宗陀羅尼』の本だったかもしれません、大悲心陀羅尼の訳で…

結局、仲良く気持ちよく暮らすには言葉を話す心に気をつけることが大事ですね。

私の場合、一日の内の暗い気分の時は大抵、「あの人が私にこう言ってたが・・、私にこう反論したが・・、こう非難した」等と、愚痴愚痴考えているものです。 仏教ではとにかく「悪いことはするな」とか「心の汚れを取りなさい」といいます。 でないと、グチ…

阿含経典「佛説義足經」よりスッタ・ニパータ「八つの詩句の章」相当部を列記してみました。

大正新脩大藏經 佛説義足經卷 呉月支優婆塞支謙譯 より 一、欲経 増念隨欲 已有復願 日増爲喜 從得自在 有貪世欲 坐貪癡人 既亡欲願 毒箭著身 是欲當遠 如附蛇頭 違世所樂 當定行禪 田種珍寶 牛馬養者 坐女繋欲 癡行犯身 倒羸爲強 坐服甚怨 次冥受痛 船破海…

スッタニパータ(ブッダの言葉)のなかの「八つの詩句の章」の漢訳、「義足(品)経」の舍利弗です。

注:南伝経の訳を参考に適当に訳したので、正しい漢文和訳作法とはことなるところもあると思います。 舍利弗 是れ時、賢者舍利弗は、衆中に坐って在った。 便ち座より起き、 偏袒し叉手して、偈を以って歎じて曰く。 「未だ嘗て是のようなお方を見たこと有る…

漢訳念処経を適当に和訳してみました。

参考はテキストデーターベースより 大正新修大蔵経 中阿含因品 念処経 (瞿曇僧伽提婆訳) 我れ是の如く聞けり。ある時仏は拘樓国に遊行し劍磨瑟曇に在された。その時世尊は諸々の比丘衆に告げられた。正法を得て、憂い畏れを渡り、苦悩を滅し、啼哭を断ち、…

禅宗も法華経よく読むのです。妙法蓮華経如来寿量品偈

禅宗も法華経よく読むのです。その二 大乗仏教なので法華経の中のお経もよく読まれます、法事などで見聞きする機会があると思いますが、せっかくですからお経を聞いている間だけでも、心になにか生まれるように眼と耳と頭を使ってもらえたらと思います。 妙…

禅宗も法華経よく読むのです。妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈

禅宗も法華経よく読むのです。その一 大乗仏教なので法華経の中のお経もよく読まれます、法事などで見聞きする機会があると思いますが、せっかくですからお経を聞いている間だけでも、心になにか生まれるように眼と耳と頭を使ってもらえたらと思います。 妙…

ダンマパタ(法句経)第三・心の章、33から43偈の漢訳です。

ブッダ真理の言葉で有名な「法句経」は大蔵経に漢訳経典があるのですが、収納された偈の構成がパーリー経典に対応しておらず 「 法句経 : 南北対照英・漢・和訳; 著者: 常盤大定 著; 出版者: 博文館 」 を参考に和訳してみました。 法句経 第三章 心意品 心…

阿含経の中の「十二縁起」分析、『縁起経』(三藏法師玄奘訳)

十二縁起の漢文のお経に「縁起経」(三藏法師玄奘訳)という経典があります。 南伝大蔵経では相応部・因縁篇・分別に近いと思いますが、順観のみで分析の順序も順観になっています、分析内容はほとんど変わりありませんが無明が詳細に増えていることと、渇愛…

スッタニパータ(ブッダの言葉)のなかの「八つの詩句の章」の漢訳、「義足(品)経」です。欲経

注:南伝経の訳を参考に適当に訳したので、正しい漢文和訳作法とはことなるところもあると思います。 義品 一、欲経 欲に隨い念を増し、復た願い已に有り。自らに在るを得るに從い、爲に喜びは日に増す。 貪有りて世欲に甚だ貪癡の人は、欲の願うもの既に亡…

ダンマパタ(法句経)第二・不放逸の章、21から32偈の漢訳です

ブッダ真理の言葉で有名な「法句経」は大蔵経に漢訳経典があるのですが、収納された偈の構成がパーリー経典に対応しておらず 「 法句経 : 南北対照英・漢・和訳; 著者: 常盤大定 著; 出版者: 博文館 」 を参考に和訳してみました。 第二章 放逸品 戒為甘露道…