常足庵備忘録

注:メモ書き程度なのでくれぐれも参考になさらぬよう

仏祖三経・四十二章経・潙山警策

「佛垂般涅槃略説教誡經」またの名を「 佛遺教經」の漢文です

「佛垂般涅槃略説教誡經 」またの名を「佛遺教經」 お釈迦様の最後の説法ともいわれるお経です。アーナンダ様に語られたお釈迦様の言葉、アヌルッダ長老の言葉、またアーナンダ長老の言葉、また増支部経典のアヌルッダ経、ダンマパタ(法句経)の言葉、盛り…

最古の漢訳経典とも言われる 『四十二章経』 麗蔵本の拙い口語訳です

禅家ならば学ぶべき経として古来より「仏祖三経」が挙げられているようです、「仏祖三経」とは「遺教経」・「潙山警策」・「四十二章経」の三つです。 この中で遺教経はよくお通夜の枕経に使われますし、また潙山警策を書かれた潙山禅師の公安は道元禅師もよ…

最古の漢訳経典とも言われる 『四十二章経』 の(明蔵本)です。

禅家ならば学ぶべき経として古来より「仏祖三経」が挙げられているようです、「仏祖三経」とは「遺教経」・「潙山警策」・「四十二章経」の三つです。 この中で遺教経はよくお通夜の枕経に使われますし、また潙山警策を書かれた潙山禅師の公安は道元禅師もよ…

最古の漢訳経典とも言われる 『四十二章経』 の(麗蔵本)です。

禅家ならば学ぶべき経として古来より「仏祖三経」が挙げられているようです、「仏祖三経」とは「遺教経」・「潙山警策」・「四十二章経」の三つです。 この中で遺教経はよくお通夜の枕経に使われますし、また潙山警策を書かれた潙山禅師の公安は道元禅師もよ…

『潙山警策』の読み下し文です

「潙山警策講義」山田孝道著を参考に読み下しにしてみました、漢字仮名遣いは古いままです。 近代デジタルライブラリー 原文はこちらです 潙山警策 潙山警策 第一章 色身の大患を示す 其れ業繋身を受く、未だ形累を免れず。父母の遺體を禀け、衆縁を假りて共…

潙山警策

禅宗のテキスト 仏祖三経の中の潙山警策です、貴重な資料である下記の『「潙山警策講義」山田孝道著 』を参考にさせて頂きましたので漢文には手を加えておりません、そのままの旧字で味わってください。 近代デジタルライブラアリー 初学の書と云われていま…