常足庵備忘録

注:メモ書き程度なのでくれぐれも参考になさらぬよう

「もともとの仏教には先祖供養なんか無かったんだよ」みたいな話、よく耳にしますが。ところがあったんですね~(笑)

どうです?以下の一文を見るだけで先祖を供養する言葉であることが解るでしょう。

Khudadaka Nikaya Petavatthu   小部経典 餓鬼事経

Evaṃ dadanti ñātīnaṃ ye honti amukampakā suciṃ paṇītam kālena kappiyaṃ pānabhojanaṃ idaṃ vo ñātīnaṃ hotu sukhitā hontu ñātayo.

彼らが憐れみあるならば、このように祖先に施す。清浄で優れた、時にかなった適切なる飲食を。これが実に祖先のためでありますように、祖先が幸せでありますように。

死者たちの物語―『餓鬼事経』和訳と解説

餓鬼事経