常足庵備忘録

注:メモ書き程度なのでくれぐれも参考になさらぬよう

ダルマ語録のなかのお気に入り

ダルマ語録

素直な心が道である。なぜならば、素直に考え、素直に行動する人は空を観察しない。

ダルマ語録

眼の見るところが実際であり、一切の法は皆これ実際である、さらに何をもとめようとするのか。

ダルマ語録

もし心が何処にも属さないのを悟れば、すなわち道を得たといえる。なぜならば、眼が一切の色を見て、眼が一切の色に属さないのは本質的な開放であるし、耳が一切の法を聞いて、耳の一切の声に属さないのは本質的な開放である。

ダルマ語録

法を説けばそれに惑わされる、だから法はあるが説明できない。名があり、字があればこれに惑わされる。

ダルマ語録

禅定に縛られているだけだよ、どんな禅定も一旦静かだが、すぐまた乱れる。たいしたものではない。

ダルマ語録

もし一つの法でも是を優れたものと思えば、法が君を縛り殺して有心の中に落ちて出られなくなる。頼るべき物じゃない、だって世間では名や字に縛られた人だらけだろ?

ダルマ語録

有るとか無いとか、一切の存在を分別することが妄想だけどね。

ダルマ語録

欲の心がおきれば、欲の姿を見るのではなく、欲という理法を観るのだ。苦しみがおきれば、苦しい姿を見るのではなく、苦しみという理法を観る、夢の姿を見ずに、夢という理法を観るのだよ。

ダルマ語録

歩いている処が悟りの処、寝ている処が悟りの処、座っている処が悟りの処、立っている処が悟りの処、足を上げる下げる、みな悟りの処なんだよ。

ダルマ語録

たとえ君が色々な見解をしたところで、全部自分で計ったり組み立てたりした妄想概念だからな

ダルマ語録

だいたい有名人がすごい事を言うからと皆集まるが、そもそも心の事実の在り方に言葉や説明が要るのかどうか自分で観察することだね。

ダルマ語録

分別する心が無い事を正というし、物事を理解したというのは邪だね。  まあ、邪とか正とか思わないから正なんだがね。

ダルマ語録

事実の中に法を観察する者を利根の者というし、理解を求めて、義理や是非といった見解に囚われるものを鈍根の者というのだよ。

ダルマ語録

物に対して見解を起こさないのが極めるということであって、物に対して貪りが起きず、物に対して悩みが起きない事を極めたというのだよ。

ダルマ語録

瞑想の留まるべきところにも留まらず、留まるべきでないところにも留まらず、変化生滅するありのままの世界に留まることが、法に留まるというのだ。

ダルマ語録

もし貪り、怒り、間違った見解なども、すぐに法に依ってその起きた処を看るべきだ。起きる処を看る事がなければ、道を修めたといってもよい。

ダルマ語録

意識の筆を以って分別して色・声・香・味・触を描きだして、また自分でこれを見て貪瞋痴を起こし、見解をたて、執ったり捨てたり、さらに心意識をはたらかせて分別して種種の業を起こすばかりだ。

事実の中に法を見るものは、何処においても気づきを失わないし。 

ダルマ語録

文字の中から理解しようとするものは、事実に面すれば眼が暗んでしまうね。 だから、口に事実を語り、耳に事実を聞くよりも、自身の身心に親しく事実を経験する方がいい。

ダルマ語録

道を修めようとする人は、しばしば賊にものを盗まれたり、すっかり剥ぎ取られても愛著の心を起こさず、ま た悶え悩まず、またしばしば他人に口汚くののしられ、殴り飛ばされても、悶え悩まないなら、このような人こそ道心がいよいよ壮んとなり、年を経てもやむこ とを知らず、自然にあらゆる順逆の境涯に在って全く無心のままだね。

ダルマ語録

ありのままのこの世界で妄想する事は邪な生き方をするだけだし、法を求めようとあれこれ考えても、悟る縁となる因果関係にはこれっぽちも足しにならない。

ダルマ語録

当たり前のようだけどそれを知らないのか、実際のところ、煩悩を捨てて涅槃を求めるのは形を無くして影を求めるようなもので、自分を離れて仏を求めるのは黙って音を立てずに響きを探すようなもの。

ダルマ語録

諸仏が「空」を説くのは諸々の見解を捨てさせるためで、それなのに「空」に執着してしまったら諸仏もお手上げだよ。

ダルマ語録

「ものを求めない」と言う人も、求めない事を求めているし、「ものに執着しない」と言う人も、また、執着しない事に執着しているものだよ。

ダルマ語録

例えば、「柱」を見て「柱であると想う」のは、「柱という姿」を見て「柱と想う」だけのことであって、自分の心が「柱である」と認識しただけだと観れば、実際に「柱の姿」というものは無い。 このようにすれば「柱」を見て「柱という法の原理」を得ることが出来る。 これは一切の物体を見る時もおなじ。

ダルマ語録

もし、何かを正しいとすれば正しくないものがほとんどだし、正しいという考えが無ければ正しくないものはない。

ダルマ語録

もし、何かを得ようとすれば得られないものがほとんどだし、得ようというのでなければ得られないものは無い。

ダルマ語録

見解・分別といった見方で見ても見えないものがたくさん有るし、見解・分別といった考え方で知ったと思っても知らない事だらけだ。

ダルマ語録

生まれる時は因果関係が生まれたということ、滅する時は因果関係が滅したということ、一つの法が生まれたとか、滅したとかいうものではない。 一切の法は貪欲のために起きる、分別は空しいのに凡夫はそのために焼かれてしまう。

ダルマ語録

実際のところ、煩悩を捨てて涅槃を求めるのは形を無くして影を求めるようなもので、自分を離れて仏を求めるのは黙って音を立てずに響きを探すようなもの。

ダルマ語録

ありのままのこの世界で妄想する事は邪な生き方をするだけだし、法を求めようとあれこれ考えても、悟る縁となる因果関係にはこれっぽちも足しにならない。

ダルマ語録

皆な常に迷ってあれやこれやと貪著している事が「求める」ということで、経には「求める事があるから苦しみがある、求める事をやめれば楽というものだ」とある、求めない事は仏道を行うことだよ。

ダルマ語録

清浄道というのが法の名だから、物惜しみせずに助け合いなさい、これは実のところ自分の為であり、またそのまま他の為でも有る、そして悟りの道を助けることになる。

ダルマ語録

今の苦しみも楽しみも過去の因縁から生まれたものだから、一喜一憂する必要はないということ

ダルマ語録

今の苦しみは過去に自ら蒔いた種によるものだから堪忍すること。

ダルマ語録

仏教の大まかな根本の所を理解し、今は妄想に覆われて真実が見えずに居るという事を信じること