常足庵備忘録

注:メモ書き程度なのでくれぐれも参考になさらぬよう

正法眼蔵 開示悟入別各巻目次 □ 開示帙

正法眼蔵』は道元禅師がご生涯かけて説かれた、曹洞宗の仏法とも謂うべき書です。

九十巻ほどにもなる一大書物に取り掛かるには相当な精神と知力を要しますが、まず手にとって見たいという初心には開示悟入の四分別で区切りをつけ、その上全体を雑観する手がかりと参考になればと、各巻表題についての概説をまとめてみました。

正法眼蔵 開示悟入別各巻目次

開示悟入の分別、各巻の順は本山版正法眼蔵(九十五巻)に倣い、各巻の概略は一部を除いて岩波文庫正法眼蔵』各巻表題についての水野弥穂子注釈のものです。

□ 開示帙

辨道話

「辨道は成辨道業。真実に生きる修行に力をつくすこと」

摩訶般若波羅蜜

「我々の生きている真実が般若であること」

現成公案

「現実はあるがままで何不足ない信実であり、万物は分を守って平等であること」

一顆明珠

「どこまで行っても自己の正体ばかりであること、それを全体ただ一箇の珠と言う」

重雲堂式

「堂中の心構えを説く」

即心是佛

「心が仏といわれるが、この心は精神作用の心ではなく生きている真実、自己の正体であること」

洗淨

「身心を浄めることが仏法であることを説く」

禮拜得髓

「『礼拝して髄を得』とは、二祖が達磨の法を嗣いだことであるが、ここは『得髄を礼拝する』ことの大切さを述べる。」

谿聲山色

「外にあると思っていた谿聲山色が、実は自己の仏の現身説法であったことを説く」

諸惡莫作

「七仏通戒偈といわれる『諸悪莫作』の宗意を説く」

有時

「ある時が時の全体であり、自己の全存在であることを説く」

袈裟功徳

「仏衣としての袈裟の功徳を説く」

傳衣

「達磨正伝の仏法は袈裟と共に伝わったもので、法と袈裟は一体であることを説く」

山水經

「山水が自己の正体の真実(経)であることを説く」

佛祖

「仏祖のあり方を明し、仏祖を礼拝する意味を明らかにする」

嗣書

「嗣書の本義と実際を説く」

法華轉法華

「法華の真意を説く」

心不可得

「心という生きている真実は不可得というありかたをいう」

後心不可得

「不可得をかさねて説く」

古鏡

「自己の正体が万法の真実をてらすはたらきを古鏡として説く」