常足庵備忘録

注:メモ書き程度なのでくれぐれも参考になさらぬよう

正法眼蔵 開示悟入別各巻目次 □ 示之帙

正法眼蔵』は道元禅師がご生涯かけて説かれた、曹洞宗の仏法とも謂うべき書です。

九十巻ほどにもなる一大書物に取り掛かるには相当な精神と知力を要しますが、まず手にとって見たいという初心には開示悟入の四分別で区切りをつけ、その上全体を雑観する手がかりと参考になればと、各巻表題についての概説をまとめてみました。

正法眼蔵 開示悟入別各巻目次

開示悟入の分別、各巻の順は本山版正法眼蔵(九十五巻)に倣い、各巻の概略は一部を除いて岩波文庫正法眼蔵』水野弥穂子注釈のものです.

□ 示之帙

看經

「経を読むことであるが、その真実の意味と、宋国の禅林での看経の作法を説く」

佛性

「仏性は一般には仏の本質として、衆生の中に隠されていると思われているが、ここでは、一切衆生はすべて仏であることを説く」

行佛威儀

道元禅師の仏は行ずる仏である。それには必ず作法にかなった動作やすがたがあることをいう」

佛教

「仏の教えとは経文のこと。仏のほかに経文があるのではないことを説く」

神通

「神通といえば不思議な能力のように思われるが、仏家では日常の行いが神通そのものであることを説く」

大悟

仏道の大悟は迷っていた人が一回悟るというものではなく、本来の悟りを深めていくことをいう」

坐禪箴

「坐禅のおちいりやすい病を治療する意」

佛向上事

仏道修行は、凡夫が仏になるためではなく、仏になった上でさらにそのさきの仏としての修行であることを説く」

恁麼

「そのように。このように。ここは生きている真実。無上菩提をいう」

行持

「仏としての修行の生活を続けること」

海印三昧

「法性真如の海の中では、あらゆるものが印で捺したようにはっきり現れることを言うが、ここは不染汚の修証を言う」

授記

「成仏の保障、全ての衆生は成仏の保障の上で生きていることを説く。授記は生きている真実」

觀音

「観音のはたらきは無上菩提のはたらきであり、自己の正体のはたらきであることを説く」

阿羅漢

「仏十号の応供と同じく学仏者の極果であり、自己の正体であることを説く」

栢樹子

「趙州栢樹子の真意を説く」

光明

「尽大地、尽虚空が自己の光明であり、仏祖の光明であることを説く」

身心學道

仏道を学ぶのには心と身と二つがある、その心と身の学びを説く」