常足庵備忘録

注:メモ書き程度なのでくれぐれも参考になさらぬよう

お盆ってなに?

お盆について

 親しい親類、縁者が集まり、亡くなった方の徳を語り、尊敬の念を懐くことは、それぞれの心に敬譲と慈愛の心をつくることですから、とても意味のあるそして価値のある行事です。

 さて、仏教がこの古の先祖供養に関るにあたって、二つの経典を拠所としています。

 一つは「盂蘭盆」です。

 お盆の語源であるこのお経は、お釈迦様の十大弟子の目連尊者のお話です。「目連尊者が亡き母は今どうしているのか、神通力で見たところ、母は餓鬼道に落ち、飢えと乾きに苦しんでいました。しかし、目連尊者一人の力では母を救うことが出来ず、雨季の修行が終わり僧たちが集まる七月十五日に、全ての僧に食事の供養をし、皆の功徳力で目連尊者の母は瞬時に餓鬼道から天界に生まれ変わった。」というお経です。

 二つは「救抜焔口餓鬼陀羅尼経」です。

 お釈迦様の十大弟子の阿難尊者が、焔口餓鬼から「あなたは三日後に寿命が尽きるでしょう、それを変えるためには、全ての餓鬼、精霊、神々に食事のお供え物をしなければなりません」と教えられ、そのために必要な「お供え物やお水を無量に増やすお経」や、「一切の餓鬼、精霊にこれを知らせるお経」などが書かれているお経です。

この二つの経典を合わせて、古の先祖供養に読まれているわけです。

 

 仏教では次ぎのように説きます、「私たちは今生の父母以外にも、無始なる過去から数限りない父母に育てられて来ました、その何万・何億という父母の中には、今、天界に暮らす者もあれば、今、私たちの住むこの世界で暮らしている父母だった者もいます。しかし、中には餓鬼道に落ちて過去から現在まで飢え渇きに苦しみ悲しみ嘆き、かすかな縁者の救いを願い続けている父母も大勢居ます。」と。

 その縁ある父母であった人々の為に救いの心を差し向け、天界に生まれ変わることを願い、一切の餓鬼に供養を施しましょうというのが「施餓鬼供養」の意味です。この施餓鬼供養は思い立ったら一年じゅう何時でも行なうのが善いとされています。

 また「盂蘭盆」とういうのは「ウラバーナ」という言葉で「逆さ吊りの苦しみ」の事です。

 

 では、お盆を迎えるにあたって、今生の父母、ご先祖さま、限りない数の過去の父母、そして一切衆生である「生きとし生けるもの」に「幸せでありますように・悩み苦しみがなくなりますように・願いがかなえられますように」と分け隔てのない慈愛の心を作ってくださいませ。

広告を非表示にする