常足庵備忘録

注:メモ書き程度なのでくれぐれも参考になさらぬよう

七仏通誡偈フルバージョンで

七仏通誡偈とは?

有名な「諸悪莫作 諸善奉行 自浄其意 是諸佛教」という偈です。

禅では木の上で鳥の巣のように坐禅する道林和尚のお話で有名です。

この偈はダンマパタでは”仏陀の章”に収められていますが、何故か漢訳法句経には無いのでしょうか?”南北対照英漢和訳法句経”に見当たらず、”大正蔵検索”によると四分律や増一阿含經に収められているようです。

その続きの偈は”法句経泥洹品”にあるのですが・・・

ではフルバージョンで

諸悪莫作 諸善奉行 自浄其意 是諸佛教

忍為最自守 泥洹佛穪上 捨家不犯戒 息心無所害

不嬈亦不悩 如戒一切持 小食捨身貧 有行幽隱處 意諦以有黠 是能奉佛教

諸の悪を作さず、諸の善を奉行す、自ら其の意を浄める、是れが諸の佛の教えである。

忍を為すは最も自らを守る、泥洹(涅槃)は(最)上と佛は称える。

家を捨て戒を犯さず、害する所無く息心(専心)す。

嬈(煩)わず亦た悩まず、戒の一切を(保)持するが如く、 身を貧に捨て少食で、幽隠処で行を有し、意を諦め以て黠し(悟りある)、是れぞ能く奉ずるところの佛の教えである。

では本家ダンマパタより

因縁話では、アーナンダ長老の「尊師よ、過去生の諸々の仏陀はどのような説法をされたのでしょうか?」という問いに、仏陀が説かれたという事です。

Dammapada 14 Buddhavaggo 183~185

Sabba pāpassa akaraṇaṃ, kusalassa upasampadā ;

Sacitta pariyodapanaṃ, etaṃ buddhāna sāsanaṃ.

いっさいの悪業を為さず、善業に到ること;

自分の心を遍く清くすること、これが諸々の仏陀の教えである。

Khantī paramaṃ tapo titikkhā, nibbānaṃ paramaṃ vadanti buddhā;

Na hi pabbajito parūpaghātī, samaṇo hoti paraṃ viheṭhayanto.

忍辱は最高の修行である、涅槃は最高であると諸々の仏陀は説かれた;

出家者は他人を害さない、沙門は他人を悩まさない。

Anūpavādo anūpaghāto, pātimokkhe ca saṃvaro;

Mattaññutā ca bhattasmiṃ, pantañca sayanāsanaṃ;

Adhicitte ca āyogo, etaṃ buddhāna sāsanaṃ.

非難せず害する事無く、戒を護る;

また、食事に関しては適量を知り、そして辺境の地を坐臥処とする;

また、心の増上に努力する、これが諸々の仏陀の教えである。