読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常足庵備忘録

曹洞宗常足庵住職の備忘録です

日本臨済宗から五戒を教えてもらう。

禅宗の施餓鬼には甘露門を詠みますが、曹洞宗臨済宗の「若人欲了知」の開甘露門を大施餓鬼として読んでいます。

この開甘露門の出所が中国元代の「幻住庵清規」にある、と記されている『お盆とお彼岸の供養 開甘露門の世界』を見ていると施餓鬼・盂蘭盆の両方に受戒が明記されていまして、とても解りやすい五戒の説法になっていました。

施餓鬼会・盂蘭盆会が三帰・受戒・四弘請願・発菩提心からなる布教・受戒の法会であったことが伺われます。

元時代の禅宗がいかに真剣な仏教だったかを知ることができますので、以下に漢文・和訳を紹介させてもらいます。

受戒

汝諸仏子、既爾称仏為師、当稟受如来浄戒。我今依教、為汝宣説五支浄戒之相。

不殺生是五戒相。原夫殺生。以瞋為本。瞋業既盛、殺害滋多。命命相負、展転酬償、自殺教人殺。殺心不除、輪廻不断。是故尽形令不殺生。

不偸盗是五戒相。原夫偸盗、以貪業為本。貪業未盡、偸心不忘、機関暗啓、恐怖横生、互相酬報、自偸教人偸。偸心不息、塵不可離。是故尽形令不偸盗。

不邪欲是五戒相。原夫淫業、根於痴毒。愛水溺心、化為欲火。受形稟令、莫不由斯、自淫教人淫。淫心不除、塵何有尽。是故尽形令不淫欲

不妄語是五戒相。原夫妄語、已如上殺盗淫業、交相淫覆、使不自知、虚妄成就。妄業既成、復資貪等、自妄教人妄。纏縛生死、安有出期。是故尽形令不妄語。

不飲酒是五戒相。原夫飲酒、能昏正念。能乱正心。昏乱無時、邪謬交作。如上四戒、因之而生。寧飲毒薬、勿貪酒味、自飲教人飲。尽言酒過、積劫勿窮。是故尽形令不飲酒。

名教有言、五戒不持、人天路絶。然五戒之外、復有十無尽戒、四十八軽垢戒、二百五十種大戒、及三聚具足浄戒、無有窮極。如入入海、漸入漸深。汝但信心不退、則諸戒自然入心者矣。

お前たち、諸々の仏弟子たちよ、すでに仏を師と称するからには、如来の浄らかな戒を受けなくてはならない。私は今、教えに依拠して、お前たちのために五つの浄らかな戒のありかたについて説き聞かせよう。

さて、不殺生は五戒のありかたである。そもそも殺生は瞋りを根本としている。瞋りが盛んになると殺害することがますます多くなる。命と命どうしが互いにそむきあい、巡り巡って償いとしての果報を受け、すすんで殺生を行い、他人に殺生を行わせることになる。殺生の心を取り除かなければ、輪廻は断ち切れない。だから身体がなくなるまで殺生しないようにさせるのだ。

不偸盗は五戒のありかたである。そもそも偸盗とは貪業を根本としている。貪業がまだ尽きていなければ、偸みの心はなくならず、はたらきがこっそりと発動し、恐れがとめどなく生じる。過去から未来へと、互いに仕返しをし、すすんで偸みをはたらき、他人に偸みをはたらかせることになる。偸みの心が止まなければ、煩悩から離れることなどできない。だから身体がなくなるまで偸盗をしないようにさせるのだ。

不淫欲は五戒のありかたである。そもそも淫業は痴毒に根ざしている。愛の水に心が溺れれば欲望の火に変化する。身体を受け命を受けることになったのは、このことに起因しているのに、すすんで性行為を行い、他人に性行為を行わせることになる。淫欲の心を取り除かないで、どうして煩悩をなくすことなどできようか。だから身体がなくなるまで淫欲をおこさないようにさせるのだ。

不妄語は五戒のありかたである。そもそもうそは、すでに前述した殺・盗・淫のおこないを、次々と相互に隠し覆い、うそが成立してしまうのに自分でも気付かないようにさせている。うそつきが成り立ってしまえば、さらに貪りなどを助けることになり、すすんでうそをつき、他人にうそをつかせることになる。輪廻に縛られてしまい、出る機会など決してやって来ない。だから身体がなくなるまでうそをつかないようにさせるのだ。

不飲酒は五戒のありかたである。そもそも飲酒は、正しい思考をくらまし、正しい心を乱れさせる。昏乱は時を選ばず、邪な過ちが次々と起こってくる。前述した四つの戒もこれによって生じるのだ。いっそ毒薬を飲むことがあっても、酒を貪り、みずから飲酒し、他人に飲酒させるようなことがあってはならない。酒の欠点を言い尽くそうとすると、永遠に終わらない。だから身体がなくなるまで飲酒しないようにさせるのだ。

経典に言っている、五戒を持たなければ、人天・天道への路が途絶えると。しかも五戒のほかにも、さらに十種の無尽戒・四十八の軽垢戒・二百五十種の大戒、及び三聚浄戒・具足浄戒などがあって限りがない。人が海に入るように、入れば入るほどどんどん深くなっていく。お前たち、もし信じきって疑わない心を持ち、後戻りすることがなければ、諸々の戒は自然に心に入ってくるものなのだ。