常足庵備忘録

注:メモ書き程度なのでくれぐれも参考になさらぬよう

「若人欲了知」で始まる臨済宗常用の甘露門陀羅尼

 

たしか、三重県の松阪では臨済宗常用の甘露門も続けて詠むので補足で追加しておきます。

甘露門中の各陀羅尼について、 読み、漢語、梵語、和訳の順で列記します。※梵語、和訳については(開甘露門の世界、野口善敬著 禅文化研究所)より引用

○焔口陀羅尼

なむさぼー ととぎゃとー ぼりょきちい えんさんばらー さんばらーきん

南無薩婆 咃哆伽多 嚩盧枳帝 唵三摩羅 三摩羅吽

Namah sarvatathāgata-Avalokite Oṃ saṃbhara saṃbhara hūṃ.

一切の如来と観自在菩薩に帰命いたします。オーン、養いたまえ、養いたまえ。フーン

 

 

○施甘露水陀羅尼

なむすりょぼやー ととぎゃとやー とじとーえん すりょーすりょー ぼやすりょーぼやすりょーそもこ

南無蘇嚕婆耶 咃哆伽多也 多姪咃唵 蘇嚕蘇嚕 婆耶蘇嚕 婆耶蘇嚕娑婆訶

Namah surūpāya tathāgatāya Oṃ sru sru prasru svāhā.

妙なる姿の如来(妙色身如来)に帰命いたします。それは次のごとくである。オーン。流れ出たまえ、流れ出たまえ。さらに現れ出でたまえ、さらに現れ出でたまえ。スバァーハー

 

○施乳海陀羅尼

なむさんまんだーもとなんばん

南無三滿哆沒駄南梵

Namha samanta-buddhānāṃ vaṃ.

あまねき諸仏に帰命いたします。ヴァン

 

○往生呪

 

なむおみとぼや ととぎゃとやー とにやーとーおみりーつぼみー おみりとー したばみー おみりとー びぎゃらちー おみりとー びぎゃらとー ぎゃみにー ぎゃぎゃのー しとぎゃり そもこ

南無阿彌陀婆耶 哆多伽多也 哆膩耶哆阿彌唎都婆毘 阿彌唎哆 悉馳婆毘 阿彌唎哆 毘伽蘭帝 阿彌唎哆 毘伽蘭哆 伽彌膩 伽伽耶 枳哆伽利 娑婆訶

 Namo Amitābhāya tathāgatāya tad-yathā amrta-udbhave amirta-siddhabhave amrta-vikrānte amrta-vikrānta-gāmine gagana-kīrtikare svāhā.

無量光如来阿弥陀如来)に帰依します。それは次のごとくである。不死から生ずる者よ、不死の成就から現れる者よ、不死を超えて行く者よ、不死の成就に到達する者よ、虚空という名声を与える者よ、スヴァーハー。