常足庵備忘録

注:メモ書き程度なのでくれぐれも参考になさらぬよう

理趣経読み下し文

有り難い事に、ここ高知では真言宗のお寺さまの法要に随喜させて頂く事がたまにあり、さすがに毎回口パクでは申し訳なかろうと真言宗常用経典の理趣経を開き始めたところです。

禅宗理趣経と言えば、大般若祈祷の際に導師が恭しく手に持つだけの経典でして、讀誦することはほぼありません。

それ故に何が書いてあるのかさえも知らずにきた訳ですが、この御縁に読み下し文にしてその大意を掴む足掛かりにしたいと思っています。

 

以下は、大正新脩大蔵経を基に松長有慶著「理趣経」(中央公論発行)の訓点、解説等を参考にしました。

注:「不」は否定の「ず」等に置き換えるべきですが、経本との対比からあえて残してありますので読みにくい点は悪しからず

 

大樂金剛不空眞實三麼耶經

般若波羅蜜多理趣品

大興善寺三藏沙門不空奉 詔譯 


一「このように私が聞きました」信成就

是の如くに我れ聞く

二「いつ説いたか」時成就

一時

三「誰が説いたか」教主成就

薄伽梵。殊勝の一切如來の金剛加持の三麼耶智を成就し。已に一切如來の灌頂寶冠を得て三界主と爲り。已に一切如來の一切智智の瑜伽自在を證し。能く一切如來の一切印平等の種種の事業を作し。無盡無餘の一切衆生界に於て、一切意願の作業を皆悉く圓滿せしめ。常恒に三世一切の時に身語意業の金剛の大毘盧遮那如來が。

四「何処で説いたか」住処成就

於欲界の他化自在天王宮に中に在す。一切如來の常に遊處し、吉祥にして稱歎したもう所の大摩尼殿なり。種種に間錯し、鈴鐸繒幡が微風に搖撃せられ、珠鬘瓔珞半滿月等、而も莊嚴と爲り。

五「誰に説いたか」衆生

八十倶胝の菩薩衆與と倶なりき。所謂、金剛手菩薩摩訶薩、觀自在菩薩摩訶薩、虚空藏菩薩摩訶薩、金剛拳菩薩摩訶薩文殊師利菩薩摩訶薩、纔發心轉法輪菩薩摩訶薩、虚空庫菩薩摩訶薩、摧一切魔菩薩摩訶薩。如くの是く等の大菩薩衆の與に、恭敬し圍遶せられて而も爲に法を説きたもう。初中後善にして文義巧妙なり、純一圓滿にして清淨潔白なり。

十七の清浄句

一切法の清淨句門を説きたまう。所謂、

妙適 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

欲箭 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

觸 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

愛縛 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

一切自在主 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

見 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

適悦 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

愛 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

慢 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

莊嚴 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

意滋澤 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

光明 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

身樂 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

色 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

聲 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

香 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

味 清淨の句、是れ菩薩の位なり。

何を以っての故に、

一切の法は自性清淨なるが故に、般若波羅蜜多も清淨なり。

金剛手よ若し此の清淨出生の句の般若理趣を聞くこと有らば、乃し菩提道場に至るまで、一切蓋障、及び煩惱障、法障、業障、設い廣く積習するも必ず於地獄等の趣に不墮ず、設い重罪を作るとも銷滅せんこと不難ず。若し能く受持して日日に讀誦し作意思惟せば、即ち現生に於いて、一切法平等の金剛の三摩地を證して、一切の法に於いて皆自在を得、於無量の
適悦歡喜を受け、十六大菩薩生を以て、如來(及び)執金剛の位を獲得すべし。

初段「金剛手菩薩」

時に薄伽梵一切如來の大乘現證三麼耶の一切曼荼羅の持金剛の勝薩埵にして、三界の中に於いて。調伏して餘り無く、一切の義を成就したもう。金剛手菩薩摩訶薩は重ねて此の義を顯明せんと欲っするが爲の故に、熈怡微笑して左手に金剛慢の印を作し、右手に本初の大金剛を搊擲して、勇進の勢いを作し、大樂金剛不空三麼耶の心を説きたもう。

吽 金剛薩埵

二段「毘盧遮那仏」

時に薄伽梵毘盧遮那如來は復た此一切如來の寂靜法性の現等覺を出生する般若理趣を説きたもう。

所謂、金剛平等の現等覺なり。大菩提は金剛堅固なるを以っての故なり。

義平等の現等覺なり、大菩提は一義利なるを以っての故なり。

法平等の現等覺なり、大菩提は自性清淨なるを以っての故なり。

一切業平等の現等覺なり、大菩提は一切分別無分別の性なるを以っての故なり。

金剛手よ、若し此の四出生の法を聞いて讀誦し受持すること有らば。設使い現に無量の重罪を行ずとも必ず能く一切の惡趣を超越して、乃至、菩提道場に坐して、速に能く無上正覺を當に剋證すべし。時に薄伽梵、是の如く説き已って、重ねて此の義を顯明せんと欲するが故に、熈怡微笑して智拳印を持して、一切法の自性平等の心を説きたもう。

惡 大日如来 

三段「釈迦如来

時に難調を調伏すること釋迦牟尼如來は、復た一切法平等の最勝を出生する般若理趣を説きたもう。

所謂、欲無戲論性の故に、瞋無戲論性なり。

瞋無戲論性の故に、癡無戲論性なり。

癡無戲論性の故に、一切法無戲論性なり。

一切法無戲論性の故に、應に知る般若波羅蜜多も無戲論性なり。

金剛手よ、若し此の理趣を聞いて受持し讀誦すること有らば、設ひ三界の一切の有情を害すとも、惡趣に不墮ず。調伏を爲ての故に、疾く無上正等菩提を證すべし。時に金剛手大菩薩は、重ねて此の義を顯明せんと欲するが故に、降三世の印を持し、蓮花面を以て微笑し而も怒たけく眉を顰めて猛く視、利牙を出現し、降伏の立相に住して、此の金剛吽迦羅心を説きたもう。

吽 降三世

四段「観自在菩薩」

時に薄伽梵自性清淨の法性を如來は得たまえる。復た一切法の平等を觀するところの自在なる智印を出生する般若理趣を説きたもう。

所謂、世間一切の欲清淨なるが故に、即ち一切の瞋清淨なり。

世間一切の垢清淨なるが故に、即ち一切罪清淨なり。

世間一切の法清淨なるが故に、即ち一切有情清淨なり。

世間一切の智智清淨なるが故に、即ち般若波羅蜜多清淨なり。

金剛手よ、若し此の理趣を聞いて受持し讀誦し作意思惟すること有らば、設ひ諸欲に住するも猶し蓮花の客塵の諸垢の爲に染せ所られ不るが如く、疾く無上正等菩提を證すべし。

時に薄伽梵觀自在大菩薩、重ねて此の義を顯明せんと欲するが故に、熈怡微笑して開敷蓮花の勢を作して、欲の不染を觀じて、一切群生の種種色の心を説きたもう。

紇唎 観音

五段「宝生如来
時に薄伽梵一切の三界の主なる如來は、復た一切如來の灌頂智藏の般若理趣を説きたもう。

所謂、灌頂施を以っての故に、能く三界の法王位を得る。

義利施の故に、一切の意願の滿足を得る。

法施を以っての故に、一切の圓滿するところの法を得る。

資生施の故に、身口意の一切の安樂を得る。

時に虚空藏大菩薩、重ねて此義を顯明せんと欲っするが故に、熈怡微笑して、金剛寶鬘を以って自ら其の首に繋け、一切灌頂三麼耶の寶の心を説きたもう。

怛覽 虚空蔵

六段「金剛拳菩薩」

時に薄伽梵一切如來の智印を得たまう如來は、復た一切如來の智印の加持なる般若理趣を説きたもう。

所謂、一切如來の身印を持すれば、即ち一切如來の身と爲る。

一切如來の語印を持すれば、即ち一切如來の法を得る。

一切如來の心印を持すれば、即ち一切如來の三摩地を證す。

一切如來の金剛印を持すれば、即ち一切如來の身口意業の最勝の悉地を成就す。

金剛手よ、若し此の理趣を聞いて受持し讀誦し作意思惟すること有らば、一切の自在と一切の智智と、一切の事業と、一切の成就とを得る。

一切の身と口と意との金剛性の一切の悉地を得る。

疾く無上正等菩提を證すべし。

時に薄伽梵、重ねて此の義を顯明せんと欲するが爲の故に、熈怡微笑して金剛拳の大三麼耶の印を持して、此の一切の堅固金剛の印の悉地の三麼耶なる自の眞實の心を説きたもう。

噁 拳菩薩

七段「一切無戯論如来

時に薄伽梵一切の無戲論なる如來は、復た轉字輪の般若理趣を説きたもう。

所謂、諸法は空なり、無自性與と相應するが故に。

諸法は無相なり、無相の性與と相應するが故に。

諸法は無願なり、無願の性與と相應するが故に。

諸法は光明なり、般若波羅蜜多清淨なるが故に。

時に文殊師利童眞、重ねて此の義を顯明せんと欲っするが故に熈怡微笑して自の劍を以って一切如來を揮斫して、以て此の般若波羅蜜多の最勝の心を説きたもう。

菴 文殊

八段「纔発心転法輪菩薩」

時に薄伽梵一切の如來の大輪に入りたまう如來は、復た大輪に入る般若理趣を説きたもう。

所謂、金剛平等に入るは、則ち一切如來の法輪に入るなり。

義平等に入るは、則ち大菩薩輪に入るなり。

一切法平等に入るは、則ち妙法輪に入るなり。

一切業平等に入るは、則ち一切事業輪に入るなり。

時に纔發心轉法輪大菩薩、重ねて此の義を顯明せんと欲するが故に、熈怡微笑して金剛輪を轉じて一切金剛三麼耶の心を説きたもう。

吽 転法輪

九段「虚空庫大菩薩」

時に薄伽梵一切如來を種種に供養する藏をもって廣大の儀式にいます如來は、復た一切の供養の最勝を出生する般若理趣を説きたもう。

所謂、菩提心を發すは、則ち諸如來に於いて廣大に供養するに爲る。

一切衆生を救濟するは、則ち諸如來に於いて廣大に供養するに爲る。

妙典を受持するは、則ち諸如來に於いて廣大に供養するに爲る。

般若波羅蜜多に於いて、受持し讀誦し自ら書し、他を教えて書せしめ、思惟し修習し種種に供養するは、則ち諸如來に於いて廣大に供養するに爲る。

時に虚空庫大菩薩、重ねて此の義を顯明せんと欲するが故に、熈怡微笑して此の一切事業の不空三麼耶の一切金剛の心を説きたもう。

唵 虚空蔵

十段「摧一切魔菩薩」

時に薄伽梵能く調し智拳を持したまえる如來は、復た一切を調伏する智藏の般若理趣を説きたもう。

所謂、一切の有情の平等の故に、忿怒は平等なり。

一切の有情の調伏の故に、忿怒は調伏なり。

一切の有情の法性の故に、忿怒は法性なり。

一切の有情の金剛性の故に、忿怒は金剛性なり。

何を以ての故に。

一切有情の調伏は、則ち菩提の爲なり。

時に摧一切魔大菩薩、重ねて此の義を顯明せんと欲するが故に、熈怡微笑して金剛藥叉の形を以て金剛牙を持し、一切如來を恐怖せしめ已て、金剛忿怒大笑の心を説きたもう。

郝 摧一切魔

十一段「普賢菩薩」降三世教令輪品

時に薄伽梵一切平等を建立する如來は、復た一切の法三麼耶の最勝を出生する般若理趣を説きたもう。

所謂、一切の平等性の故に、般若波羅蜜多は平等性なり。

一切の義利性の故に、般若波羅蜜多は義利性なり。

一切の法性の故に、般若波羅蜜多は法性なり。

一切の事業性の故に、般若波羅蜜多は事業性なりと應に知る。

時に金剛手、一切の如來と菩薩との三麼耶加持の三摩地に入りて、一切不空三麼耶の心を説きたもう。

吽 普賢

十二段

時に薄伽梵如來は、復た一切有情を加持する般若理趣を説きたもう。

所謂、一切の有情は如來藏なり。普賢菩薩の一切の我なるを以ての故なり。

一切の有情は金剛藏なり。金剛藏の灌頂を以ての故なり。

一切の有情は妙法藏なり。能く一切語言を轉ずるが故に。

一切の有情は羯磨藏なり。能く作所を作す性と相應するが故に。

時に外金剛部、重ねて此の義を顯明せんと欲するが故に、歡喜の聲を作して、金剛自在の自の眞實の心を説きたもう。

怛 外金剛部

十三段

爾の時に七女母天は、佛足を頂禮して、鈎召し攝入し、能く殺し能く成ずる三麼耶の眞實の心を獻ず。

毘欲 七母女天

十四段

爾の時に末度迦羅天三兄弟等が、親く佛足を禮して、自の心の眞言を獻ず。

娑嚩 三兄弟

十五段

爾の時に四姊妹女天が、自の心の眞言を獻ず。

㟏 四姉妹

十六段

時に薄伽梵無量無邊究竟如來は、此の教を加持して究竟し圓滿せ令んと欲するが爲の故に、復た平等金剛を出生する般若理趣を説きたもう。

所謂、般若波羅蜜多は無量の故に、一切如來は無量なり。

般若波羅蜜多は無邊の故に、一切如來は無邊なり。

一切の法は一性の故に、般若波羅蜜多は一性なり。

一切の法は究竟の故に、般若波羅蜜多は究竟なり。

金剛手よ、若し此の理趣を聞いて受持し讀誦し其義を思惟すること有らば、彼は佛菩薩の行に於いて皆究竟することを得ん。

十七段「五種秘密三摩耶地章」

時に薄伽梵毘盧遮那の一切の祕密の法性を得て無戲論なる如來は、復た最勝にして初中後無き大樂金剛不空三昧耶の金剛法性の般若理趣を説きたもう。

所謂、菩薩摩訶薩、大慾の最勝の成就の故に、大樂の最勝の成就を得。

菩薩摩訶薩、大樂の最勝の成就を得るが故に、則ち一切如來の大菩提の最勝の成就を得。

菩薩摩訶薩、一切如來の大菩提の最勝の成就を得るが故に、則ち得一切如來の大力の魔を摧く最勝の成就を得。

菩薩摩訶薩、一切如來の大力の魔を摧く最勝の成就を得るが故に、則ち遍三界の自在の主たる成就を得。

菩薩摩訶薩、遍三界の自在の主たる成就を得るが故に、則ち無餘界の一切有情を淨除するために流轉に住著し、大精進を以て常に生死に處して一切を救攝し、利益し安樂ならしむる最勝の究竟を皆悉く成就するところを得。

何を以ての故に
菩薩の勝慧ある者は 乃し生死を盡すに至るまで    
恒に衆生の利を作して 而も涅槃に趣か不ず    
般若と及び方便との 智度をもて悉く加持して    
諸法及び諸有 一切皆清淨ならしむ    
慾等をもて世間を調して 淨除することを得令るが故に    
有頂より惡趣に及ぶまで 調伏して諸有を盡す    
蓮體の本染にして 垢の爲に染せ所られ不るが如く    
諸慾の性も亦た然なり 不染にして群生を利す    
大慾清淨を得 大安樂にして富饒なり    
三界に自在を得て 能く堅固の利を作す
金剛手よ、若し此の本初の般若理趣を聞て、日日の晨朝に或いは誦し或いは聽くこと有らば。彼は一切の安樂と悦意と、大樂金剛不空三昧の究竟の悉地とを獲。現世に一切法の自在悦樂を獲得し、十六大菩薩生を以て、於いて、如來執金剛の位を得べし。

爾の時に一切如來及び持金剛の菩薩摩訶薩等、皆な來り集會して、此法をして不空無礙にして速に成就せ令んと欲するが故に、咸な共に金剛手を稱讃して言く
善き哉善き哉、大薩埵 善き哉善き哉、大安樂    
善き哉善き哉、摩訶衍 善き哉善き哉、大智慧    
善能く此の法教を演説したまい 金剛の修多羅を加持したまえり    
此の最勝の教王を持せん者は 一切の諸魔も壞すること能は不る   

佛菩薩の最勝位を得て 諸の悉地に於いて當に久しから不 

   
一切如來及び菩薩 共に是の如くの勝説を作し已て
持者をして悉く成就令んが爲に、皆な大に歡喜し信受し行ひき

 

般若理趣経
大樂金剛不空眞實三麼耶經

 

以下は、大正新脩大蔵経の般若部を参考に高野山専修学院真言宗常用経典で修正加筆したものです。

 

 

大樂金剛不空眞實三麼耶經
般若波羅蜜多理趣品

大興善寺三藏沙門不空奉 詔譯 

如是我聞。一時薄伽梵。成就殊勝一切如來。金剛加持三麼耶智。已得一切如來灌頂寶冠爲三界主。已證一切如來。一切智智瑜伽自在。能作一切如來。一切印平等種種事業。於無盡無餘一切衆生界。一切意願作業。皆悉圓滿。常恒三世。一切時身語意業。金剛大毘盧遮那如來。在於欲界他化自在天王宮中。一切如來常所遊處吉祥稱歎。大摩尼殿。種種間錯。鈴鐸繒幡微風搖撃。珠鬘瓔珞半滿月等而爲莊嚴。與八十倶胝菩薩衆倶。所謂。金剛手菩薩摩訶薩。觀自在菩薩摩訶薩。虚空藏菩薩摩訶薩。金剛拳菩薩摩訶薩文殊師利菩薩摩訶薩。纔發心轉法輪菩薩摩訶薩。虚空庫菩薩摩訶薩。摧一切魔菩薩摩訶薩。與如是等大菩薩衆。恭敬圍遶而爲説法。初中後善文義巧妙。純一圓滿清淨潔白。

正一、一切法清淨句門。所謂。妙適清淨句是菩薩位。欲箭清淨句是菩薩位。觸清淨句是菩薩位。愛縛清淨句是菩薩位。一切自在主清淨句是菩薩位。見清淨句是菩薩位。適悦清淨句是菩薩位。愛清淨句是菩薩位。慢清淨句是菩薩位。莊嚴清淨句是菩薩位。意滋澤清淨句是菩薩位。光明清淨句是菩薩位。身樂清淨句是菩薩位。色清淨句是菩薩位。聲清淨句是菩薩位。香清淨句是菩薩位。味清淨句是菩薩位。何以故。一切法自性清淨故。般若波羅蜜多清淨。金剛手。若有聞此清淨出生句般若理趣。乃至菩提道場。一切蓋障。及煩惱障法障業障設廣積習。必不墮於地獄等趣。設作重罪銷滅不難。若能受持日日讀誦作意思惟。即於現生證。一切法平等金剛三摩地。於一切法皆得自在。受於無量適悦歡喜。以十六大菩薩生。獲得如來執金剛位。時薄伽梵。一切如來大乘現證三麼耶。一切曼荼羅持金剛勝薩埵。於三界中調伏無餘。一切義成就金剛手菩薩摩訶薩。爲欲重顯明此義故。熈怡微笑左手作金剛慢印。右手搊擲本初大金剛作勇進勢。説大樂金剛不空三麼耶心

吽 

二、時薄伽梵毘盧遮那如來。復説一切如來。寂靜法性現等覺出生般若理趣。所謂。金剛平等。現等覺以大菩提金剛堅固故。義平等。現等覺以大菩提一義利故。法平等。現等覺以大菩提自性清淨故。一切業平等。現等覺以大菩提一切分別。無分別性故。金剛手。若有聞此四出生法讀誦受持。設使現行無量重罪。必能超越一切惡趣。乃至當坐菩提道場。速能剋證無上正覺。時薄伽梵如是説已。欲重顯明此義故。熈怡微笑持智拳印。説一切法自性平等心

時調伏難調釋迦牟尼如來。復説一切法平等最勝出生般若理趣。所謂。欲無戲論性故瞋無戲論性。瞋無戲論性故癡無戲論性。癡無戲論性故一切法無戲論性。一切法無戲論性故。應知般若波羅蜜多無戲論性金剛手。若有聞此理趣受持讀誦。設害三界一切有情。不墮惡趣。爲調伏故。疾證無上正等菩提。時金剛手大菩薩。欲重顯明此義故。持降三世印。以蓮花面。微笑而怒顰眉猛視。利牙出現住降伏立相。説此金剛吽迦羅心

四、時薄伽梵。得自性清淨法性如來。復説一切法平等。觀自在智印出生般若理趣。所謂。世間一切欲清淨故。即一切瞋清淨。世間一切垢。清淨故即一切罪清淨。世間一切法清淨故。即一切有情清淨。世間一切智智清淨故。即般若波羅蜜多清淨。金剛手。若有聞此理趣受持讀誦作意思惟。設住諸欲猶如蓮花。不爲客塵諸垢所染。疾證無上正等菩提。時薄伽梵。觀自在大菩薩。欲重顯明此義故。熈怡微笑。作開敷蓮花勢觀欲不染。説一切群生。種種色心

紇唎

五、入時薄伽梵一切三界主如來。復説一切如來灌頂智藏般若理趣。所謂。以灌頂施故能得三界法王位。義利施故得一切意願滿足。以法施故得圓滿一切法。資生施故得身口意一切安樂。時虚空藏大菩薩。欲重顯明此義故。熈怡微笑。以金剛寶鬘自繋其首。説一切灌頂。三麼耶寶心

怛覽

六、時薄伽梵得一切如來智印如來。復説一切如來智印加持般若理趣。所謂。持一切如來身印即爲一切如來身。持一切如來語印。即得一切如來法。持一切如來心印。即證一切如來三摩地。持一切如來金剛印。即成就一切如來身口意業最勝悉地。金剛手。若有聞此理趣受持讀誦作意思惟。得一切自在。一切智智。一切事業。一切成就。得一切身口意金剛性一切悉地。疾證無上。正等菩提。時薄伽梵。爲欲重顯明此義故。熈怡微笑。持金剛拳大三麼耶印。説此一切堅固。金剛印。悉地三麼耶自眞實心

七、時薄伽梵一切無戲論如來。復説轉字輪般若理趣。所謂。諸法空與無自性相應故。諸法無相與無相性相應故。諸法無願與無願性相應故。諸法光明。般若波羅蜜多清淨故。時文殊師利童眞。欲重顯明此義故。熈怡微笑。以自劍揮斫一切如來。以説此般若波羅蜜多。最勝心

八、時薄伽梵一切如來入大輪如來。復説入大輪般若理趣。所謂。入金剛平等。則入一切如來法輪。入義平等則入大菩薩輪。入一切法平等。則入妙法輪。入一切業平等。則入一切事業輪。時纔發心轉法輪大菩薩。欲重顯明此義故。熈怡微笑。轉金剛輪説一切金剛三麼耶心

九、時薄伽梵一切如來種種供養藏。廣大儀式如來。復説一切供養最勝出生般若理趣。所謂。發菩提心。則爲於諸如來廣大供養。救濟一切衆生則爲於諸如來廣大供養。受持妙典則爲於諸如來廣大供養。於般若波羅蜜多。受持讀誦自書教他。書思惟修習種種供養。則爲於諸如來廣大供養。時虚空庫大菩薩。欲重顯明此義故。熈怡微笑。説此一切事業。不空三麼耶一切金剛心

十、時薄伽梵能調持智拳如來。復説一切調伏智藏般若理趣。所謂。一切有情。平等故忿怒平等。一切有情調伏故忿怒調伏。一切有情法性故忿怒法性。一切有情金剛性故忿怒金剛性。何以故。一切有情調伏則爲菩提。時摧一切魔大菩薩。欲重顯明此義故。熈怡微笑。以金剛藥叉形持金剛牙。恐怖一切如來已。説金剛忿怒大笑心

十一、時薄伽梵一切平等建立如來。復説一切法三麼耶最勝出生般若理趣。所謂。一切平等性故。般若波羅蜜多平等性。一切義利性故。般若波羅蜜多義利性。一切法性故。般若波羅蜜多法性。一切事業性故。般若波羅蜜多事業性應知。時金剛手。入一切如來菩薩。三麼耶加持三摩地。説一切不空三麼耶心

十二、時薄伽梵如來。復説一切有情加持。般若理趣。所謂。一切有情如來藏。以普賢菩薩一切我故。一切有情金剛藏。以金剛藏灌頂故。一切有情妙法藏。能轉一切語言故。一切有情羯磨藏。能作所作性相應故。時外金剛部。欲重顯明此義故。作歡喜聲。説金剛自在自眞實心

十三、爾時七女母天頂禮佛足。獻鈎召攝入能殺能成。三麼耶眞實心

毘欲

十四、爾時末度迦羅天三兄弟等。親禮佛足獻自心眞言

娑嚩

十五、爾時四姊妹。女天。獻自心眞言


十六、時薄伽梵無量無邊究竟如來。爲欲加持此教令究竟圓滿故。復説平等金剛出生般若理趣。所謂。般若波羅蜜多。無量故一切如來無量。般若波羅蜜多。無邊故一切如來無邊。一切法一性故。般若波羅蜜多一性。一切法究竟故。般若波羅蜜多究竟。金剛手。若有聞此理趣。受持讀誦思惟其義。彼於佛菩薩行皆得究竟

十七、時薄伽梵毘盧遮那。得一切祕密法性無戲論如來。復説最勝無初中後。大樂金剛不空三昧耶。金剛法性般若理趣。所謂。菩薩摩訶薩。大慾最勝成就故。得大樂最勝成就。菩薩摩訶薩大樂最勝成就故。則得一切如來大菩提最勝成就。菩薩摩訶薩。得一切如來大菩提最勝成就故。則得一切如來。摧大力魔最勝成就。菩薩摩訶薩。得一切如來摧大力魔最勝成就故。則得遍三界自在主成就。菩薩摩訶薩。得遍三界自在主成就故。則得淨除無餘界一切有情。住著流轉。以大精進常處生死。救攝一切利益安樂最勝究竟皆悉成就。何以故
菩薩勝慧者 乃至盡生死    
恒作衆生利 而不趣涅槃    
般若及方便 智度悉加持    
諸法及諸有 一切皆清淨    
慾等調世間 令得淨除故    
有頂及惡趣 調伏盡諸有    
如蓮體本染 不爲垢所染    
諸慾性亦然 不染利群生    
大慾得清淨 大安樂富饒    
三界得自在 能作堅固利
金剛手。若有聞此本初般若理趣。日日晨朝或誦或聽。彼獲一切安樂悦意。大樂金剛不空三昧耶究竟悉地。現世獲得一切法自在悦樂。以十六大菩薩生。得於如來執金剛位

流通、爾時一切如來及持金剛菩薩摩訶薩。等皆來集會。欲令此法不空無礙速成就故。咸共稱讃金剛手言
善哉善哉大薩埵 善哉善哉大安樂    
善哉善哉摩訶衍 善哉善哉大智慧    
善能演説此法教 金剛修多羅加持    
持此最勝教王者 一切諸魔不能壞    

得佛菩薩最勝位 於諸悉地當不久    
一切如來及菩薩 共作如是勝説已
爲令持者速成就 皆大歡喜信受行

大樂金剛不空眞實三麼耶經